住宅設計の作法4 ・・・ コンセプト『時』 美しく古くなる、愛着の長持ち

2010年6月9日住宅設計の作法

住宅設計の作法4 ・・・ 『時』
 *** 丈夫で長持ち、美しく古くなる ***

耐久性のある材料やつくり、メンテナンスのしやすさ、これに加えて美しく古びてゆく建物としてゆきたいものです。建物は工事完了したときが終わりではなく、始まりです。長く住んで愛着を持っていただけるようにしたいと思います。

一方、素材の長持ちが建物の長持ちとは必ずしもなりません。
住まいへの愛着の長持ちが、本当の長持ちの秘訣ではないでしょうか?
『祖父が頑張って建てた家だから、大事にしたい。』
そんな気持ちが、住まいを長持ちさせるのでしょう。

もうひとつは、世代の変化、子供が大きくなる、独立する、などに対応できるかどうか。その意味で細かく区切った間取りは融通が利きません。
生活スタイルだって、どんどん変わります。
しっかりとした骨太の家が、将来のいろいろな変化に対応できるのです。

作法1・・・「快」
作法2・・・「美」
作法3・・・「能」
作法4・・・「時」
作法5・・・「驚」
作法6・・・「構」
作法7・・・「楽」
作法8・・・「素」
作法9・・・建設予算管理
作法10・・・設計監理一貫

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。