鉄骨造住宅のすすめ by建築家・川嶋玄(設計事務所)

2010年8月23日建築談義

img_20100823_199655655

[写真説明:内装に鉄骨が現わしのデザイン、軽快なデザインで細身の鉄骨ですが、耐震性能もばっちりです。吹抜けのリビングダイニング、らせん階段と右手奥にキッチン]

鉄骨造の住宅というと、どんなイメージをお持ちですか?
プレファブっぽい?安っぽい?

巷によくある3階建てくらいの鉄骨造は、ALCという60センチ幅のパネルを外壁に張って、吹き付け塗装をしたものがよく見受けられます。安く簡単に建てるための方法なのですが、出来上がるものも『やっぱりねぇ』となってしまいます。これが鉄骨造の安っぽいイメージを作ってしまっているのでしょう。

しかし、立派な大きなビルはほとんどが鉄骨造だって知ってました?六本木の森ビルタワーだって東京都庁だって新丸ビルだってみんな鉄骨造です。つまり、設計の内容や工法によって良いものも悪いものもできるのですね。

では、具体的に鉄骨造の良いところ悪いところをあげてみましょう。

【スケルトン・インフィル】
スケルトンとは構造体の事、インフィルとは内装や設備部分。
鉄骨造の場合、構造体とその他の部分がしっかり分かれた作り方をします。従って、将来のリフォームや間取りの変更の自由度が大きいのです。家族構成が変わったりしても、しっかり対応が出来るので、その意味で長持ちの住宅になります。

【外壁の種類】
外壁の選び方で、ぜんぜん違う印象になります。—-大規模なビルの場合はPC版、金属パネル、中小規模では残念ながらチープな感じのALC、モダンでラフなイメージの押し出し成型セメント版、鉄骨だってしっとりした感じの左官仕上げも可能、コストパーフォーマンスのサイディング。それだけいろいろなデザインが可能ということです。

img_20100826_698285028

[写真説明:軟弱地盤を考慮して、軽量化のため鉄骨造を採用。特殊なモルタル塗りの左官仕上げの外壁で、しっとりとした表情を見せます。]

【コストパーフォーマンス】
3階建てなら、木造にちょっと足した程度の値段はとても魅力的です。RC造に比べても、かなりお得です。

【耐震性能】
軽くて丈夫、コンピューター・シミュレーションによる設計手法の耐震性への信頼性が高いです。

【軟弱地盤に適した軽量構造】
RC造(鉄筋コンクリート)に比べると、はるかに軽量な構造体ですから、軟弱地盤に建設する場合、杭や地盤改良などの地盤補強が軽微で済みます。丈夫で安い、いいことですね。

【火事に強い】
木造に比べて、不燃構造の防火性能が高いのは言うまでもありません。

【設計の自由度】
無柱の広い空間、水平連続窓や跳ね出し構造のダイナミックな建築。空間や形を作り出すときの自由度は、鉄骨ならではのメリットです。

【ヒートブリッジ】
鉄は熱を伝えやすい。バルコニーなどを作るときには、外壁の断熱層を貫通する鉄部はヒートブリッジになって、結露を起こしがちなことは否定できません。したがって隠れた結露に細心の注意して設計しなければなりません。

【外貼り断熱】
上記のヒートブリッジを防ぐためには、外張り断熱が必須です。結果的に、高断熱のエコ住宅が実現します。

img_20100823_199655654

[写真説明:軽やかに抜ける鉄骨階段、空間の連続を切ることなく広々とした空間を実現しています。ブレース構造で壁には耐震性を負担させていないので、このような事が実現できます。さらに、壁面収納もしっかり取ったリビングルーム。間接照明も柔らかいイメージを作っています。]

他のコラムで、木造、RC造、鉄骨造はそれぞれ一長一短があると書きましたが、鉄骨についてはチープなイメージが先行して、長所が忘れられていると思いましたのでこの章を書きました。

設計する立場としても、設計の自由度という意味で、個人的にもたいへん好きな構造のひとつです。

**** 川嶋玄建築事務所の設計事例 ****
⇒ 光庭のある家:鉄骨ブレース構造・3階建て
⇒ 大きな空間の家:鉄骨ラーメン構造・4階建て
⇒ 新川を望む家:鉄骨ブレース構造・3階建て
⇒ パティオのある家:鉄骨片方向ブレース構造・4階建て

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。