建築家のデザイン・スタイル.4(住宅編) by川嶋玄

img_20100928_158873742

[写真説明]:ゲートをくぐる様にして入る玄関アプローチ、赤茶色の玄関扉、エクリプスがモチーフのステンドグラス、添えられた植栽(ハナミズキ、つた類)

建築家のデザインスタイル.4 by 川嶋玄

ケーススタディー:イエローハウスの場合
(デザインの過程を箇条書きにしてみました。)

【 a. デザイン発想のヒントになるもの 】

○遊び心を呼ぶヒント :

黄色の外壁という建築主の希望
暖炉を付けたい⇒つまり煙突が立つ
ステンドグラスを付けたい

○親しみやすさとプライバシーの両立というテーマ :

東京の下町という、親密な近隣関係の立地

○RC造で建てたいという条件 :

重くならずに、やわらかい表現を。

【 b. 求めるイメージは、 】

+ 遊び心溢れる、
+ やわらかく、親しみやすい、
+ しかも適度なプライバシー感覚。

img_20100928_496923007

[写真説明]:雑然とした下町の風景に挿入されたヨーロッパ風の小住宅

img_20100928_496923008

[写真説明]:玄関アプローチから見上げる大きなガラス窓、ポリカーボネートの雨よけ。

【 c. 全体のデザインテーマを決める 】

*  ヨーロッパの *
*  小さな町に  *
*  あるような   *
*  若い家族の   *
*  住む家     *

【 d. 具体的なデザイン手法は、 】

造形 :RCのマス(矩形)と壁を組み合わせる。重くならずに、優しくて、立体感にメリハリのある形。
色彩 :黄色をベースに、茶・緑・ピンクをあしらう色彩感覚(扉、手すり、庇、まぐさ、タイル)
素材 :コンクリートに木を組み合わせて、優しさの素材感。(木の扉、手すり、庇)
遊び :ポリカや鉄の工業部品も、遊び心のある形。(ポリカの庇と鉄パイプの支柱)
気心 :コーナーには植物を配して、近隣とのコミュニケーション感覚を生む。

こんな具合にして、イエローハウスのデザイン誕生でした。[

img_20100928_496923009

 

[写真説明]:カラフルなイタリアンタイル貼りのキッチン

img_20100928_496923010

[写真説明]:トルコグリーンの壁タイル、空の見えるトップライトつきの浴室。

 

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。