建築家のデザイン・スタイル(住宅編)

建築家のデザイン・スタイル.4(住宅編) by川嶋玄

img_20100928_158873742

[写真説明]:ゲートをくぐる様にして入る玄関アプローチ、赤茶色の玄関扉、エクリプスがモチーフのステンドグラス、添えられた植栽(ハナミズキ、つた類)

建築家のデザインスタイル.4 by 川嶋玄

ケーススタディー:イエローハウスの場合
(デザインの過程を箇条書きにしてみました。)

【 a. デザイン発想のヒントになるもの 】

○遊び心を呼ぶヒント :

黄色の外壁という建築主の希望
暖炉を付けたい⇒つまり煙突が立つ
ステンドグラスを付けたい

○親しみやすさとプライバシーの両立というテーマ :

東京の下町という、親密な近隣関係の立地

○RC造で建てたいという条件 :

重くならずに、やわらかい表現を。

【 b. 求めるイメージは、 】

+ 遊び心溢れる、
+ やわらかく、親しみやすい、
+ しかも適度なプライバシー感覚。

img_20100928_496923007

[写真説明]:雑然とした下町の風景に挿入されたヨーロッパ風の小住宅

img_20100928_496923008

[写真説明]:玄関アプローチから見上げる大きなガラス窓、ポリカーボネートの雨よけ。

【 c. 全体のデザインテーマを決める 】

*  ヨーロッパの *
*  小さな町に  *
*  あるような   *
*  若い家族の   *
*  住む家     *

【 d. 具体的なデザイン手法は、 】

造形 :RCのマス(矩形)と壁を組み合わせる。重くならずに、優しくて、立体感にメリハリのある形。
色彩 :黄色をベースに、茶・緑・ピンクをあしらう色彩感覚(扉、手すり、庇、まぐさ、タイル)
素材 :コンクリートに木を組み合わせて、優しさの素材感。(木の扉、手すり、庇)
遊び :ポリカや鉄の工業部品も、遊び心のある形。(ポリカの庇と鉄パイプの支柱)
気心 :コーナーには植物を配して、近隣とのコミュニケーション感覚を生む。

こんな具合にして、イエローハウスのデザイン誕生でした。[

img_20100928_496923009

 

[写真説明]:カラフルなイタリアンタイル貼りのキッチン

img_20100928_496923010

[写真説明]:トルコグリーンの壁タイル、空の見えるトップライトつきの浴室。

 

建築家のデザイン・スタイル.3(住宅編) by川嶋玄

ケーススタディー1~卍形プランの家

敷地は千葉県の郊外の町。丘陵地を造成した新しい住宅街です。
ご依頼主は、若いご夫婦です。

建築についてのご希望をうかがって1週間後、ご一緒していただき、敷地を拝見いたしました。
その後、近隣の住宅地をそぞろ歩き。
もし、お客様のイメージにピンと来るような住宅が近くにあれば、デザインのきっかけになるかも、と思いました。
ところがどっこい、歩けども歩けども、周りに在るのはハウスメーカーなどの退屈な家ばかり。
(ハウスメーカーさん、ごめんなさい。)
家々は皆新しいだけに、余計に変化が感じられない。住宅地そのものも、単調で散漫でつまらない。
日本の郊外の住宅地って、こんなだったのかと、がっかりして帰ってきました。
その結果、決めたコンセプトが以下の通り。

近隣の空間とは縁を切った、 『 別世界をつくろう!!』

室内空間を周りから隔てるだけでなく、庭も含めた外部空間ごと、別世界をつくろう。
その為には、室内と外部が一体となったうえで、周囲からは切り離され、自立した建築空間をつくろう。
各部屋とパティオのような一体的外部空間が、交互に配置されるようなプランをつくろう。

このコンセプトのもとに出来たのが、『卍形のプランの家』
まだ未完成ですので、ここでは模型写真のみご覧ください。

img_20100723_804895039

建築家のデザイン・スタイル.2(住宅編) by 川嶋玄

*** フリーハンドのデザインスタイル ***

確か29歳の時だったと思います。
「君にすべて任せるから、好きなようにやりなさい。」
と言ってくれた建て主さんがいました。
名も知らぬ29歳の若造に、なんていう事言うんでしょうね。
これには続きがありまして、
「建物が出来てみて、気に入らないところがあったら、
直してくれるのが条件。」

おやおや、これはえらい事です。
建物を設計することは、なんと責任の重い事かと、かなりビビりました。
そして、この時私は、あれもやりたいこれも取り入れてみたいの正反対
に動きました。
少しでも不要と思われるデザイン要素はすべて切り落としたのです。
全てにおいて、抑えて抑えて設計しました。
当時の私の上司は、「もっと思い切ってやっても良いんじゃないか」くらいの事を言うくらいでした。

結果的には、お客さまからも気に入って頂けたと同時に、大切な事を学びました。
つまり、その時のもろもろの条件を良く考えて、デザインにしてもきちんと取捨選択するということ。
その為には、諸条件の前にデザインポリシーがあるのではなくて、諸条件をまとめてデザインポリシーをつくる。

これって、ノンポリでしょうか? そうかも知れませんね。
ホームページの住宅設計例を見て頂いた方には、川嶋のデザインって“ばらばら”という印象を持たれるかも知れません。
川嶋はフレキシブル、或いはヴァーサティルと思って頂ければ幸いなのですが。。。

川嶋はスタート時点では白紙です。先入観を排して、フリーハンドで臨むことを心がけます。
個人的には、もちろん色々な「好み」や「嫌い」があることは事実です。
しかしそれに捉われすぎると、デザイン(=設計)の選択肢を狭めてしまうように思うのです。
極論すれば、好き嫌いが無いほうが自由自在であるとは思いませんか?
結果的に、お客様に出会うたびに、そのご家族にはどんな住まいが似つかわしいのか考えるたびに、色々なデザインが生まれます。

では、具体的な例を取って、その時にどのような考え方でそのデザインに至ったのか、説明してゆきましょう。

(続く)

建築家のデザイン・スタイル.1(住宅編) by川嶋玄

*** デザインスタイルってかっこいい ***

一つのデザインスタイルを追求している建築家、かっこいいですね。
私が育った時代、20数年前では、新進気鋭の安藤忠雄さんであったり、
スマートな槇文彦さんであったり、理論派の磯崎新さんであったり。

近代建築の巨匠と呼ばれる人たちもそうでした。
ル・コルヴィジェの打ち放しコンクリートや白い住宅作品群。
F.L.ライトの落水荘やミースのバルセロナ・パビリオンなどなど。

という事で、駆け出しの建築家なんて、そういうデザインポリシーのはっきりした物に憧れて、コピーしてみたり、自分なりに応用が出来ないかと悩んでみたり。 そしてその内には自分なりのデザインスタイルを確立しようと考えるもの。やっぱり建築家にはこだわりが無くっちゃダメ。
私の20代もそんな感じでした。

まずは、デザインポリシーありき。そしてあれもこれも取り入れてみたい。 たとえば、真っ白な色の幾何学純粋形態。或いは打ちっぱなしの初原的形態デザイン、etc. ところがそこへ色んな現実的な難条件が降って湧いてきて、ポリシー通りの設計を阻みます。つまり、お客様の希望とのズレであり、敷地の条件であり、構造技術の問題であり、施工性の問題であり、予算の問題です。

これらは、ポリシーがあるからと云ってオミットする訳に行きません。
結果、中途半端なポリシーまがいのデザインに陥ります。
まあ、これは私の設計技術の未熟でもあったのですけれど。お恥ずかしい限りです。

(続く)

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。