2009年7月

建築の設計図と料理のレシピ

2009年7月15日建築談義

建築の設計図と料理のレシピ

こんなタイトルですが、ここでは工事監理の大事さを言いたいと思います。監理とは、手抜き工事を防ぐため?確かにそういう意味もあります。でもそればかりではないのですね。

たとえば、有名シェフの作ったレシピがあったとします。そのレシピがあったら、貴方はおいしい料理を作ることが出来るでしょうか?腕自慢のあなたなら大丈夫、でも誰でもうまくゆく訳ではありませんね。

レシピって、料理の仕方を書きしるしたもの。設計図も同じ、建物の作り方を文字と図面で表したものです。つまり、同じ設計図でも、必ずしも良い建築が出来るとは限りません。ちゃんと作るには、作る過程で、チェックも味見も必要なのです。

もうひとつ必要なのは、作りながら再検討するということです。家作りには、試作品というものはありませんから、作りながら再検討し、より良きものに仕上げてゆくのです。工事が進んで、原寸大のものが徐々に目の前に現れてきます。図面や模型ではぴんとこなかったものが、どんどん現実味を増してくるのです。

窓は図面にあるこの位置でOKだろうか、壁の材料にはもっと適したものがないだろうか、作る過程では再検討が必要なこともあり、また作りかけだからこそ、修正も出来ると言うわけです。味見をしながら、胡椒や塩をちょっと足すのと同じでしょうか。

こうやって、設計と工事監理が一体となって、いい家ができてゆきます。

**** 住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。