2010年4月

設計業界へのぼやき~その2(建築性能に無関心な建築家)

2010年4月2日川嶋のつぶやき

先日、ある工務店の社長と会った時の話。
設計事務所の物件を多く手掛けているという。

その人に図面を渡して、見積りを依頼したところ、
「こういう断熱材の使い方、ちゃんとするんですね。
普通、アトリエ系の建築家の方って、建築の性能のことは気にしないじゃないですか。」

建築家の実態って、そういうことなの?
いくらデザインが良くても、性能やら、耐久性やら、なってないんじゃあ困ります。
そんなことでは、建築家って、全然信用されないですよね。
困ったことです。

設計業界へのぼやき~その1(予算管理できない建築家)

ある建設会社の社長に見積もりを依頼しながら、私はこう言いました。
「この物件は、○○○○万円以下でお願いします。」
社長の返答:「○○○○万円を目標で頑張ります。」
私:「目標じゃなくて、絶対です。」
社長:「建築家さんの仕事って、予算3割くらいオーバーしても普通では?」

これが実態ならば、建築家のコスト意識は最低ですね。
そういえば、以前設計した住宅の建て主さんが、私のことを記事にしてくれました。同時に、ほかの事例も紹介されています。そのタイトルが、【予算3000万円オーバーに驚愕】
ZAKZAKの記事へリンク

やっぱり、ある話なんですね。

建て主さんにとっては、安いにこしたことは無いので、予算はどうしても低めに言いますよね。でも、建てたい家は、ご要望と夢が満載。従って、予算と工事費にギャップが出来るのは自然の成り行き。そんな時、そのギャップを埋めてゆく作業も建築家の仕事だと思いますが、どうなんでしょうか?

川嶋玄建築事務所

川嶋玄建築事務所は東京都文京区の住宅設計事務所です。 東京都を始め、埼玉県・神奈川県・千葉県など首都圏を中心に、新築、建替え、リフォームなどの設計、工事監理を行っています。

川嶋玄建築事務所

facebookページ
twitter
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。