11 June
2010

ぐるぐる回る動線の楽しい住宅(木造在来工法)

*** 巡り巡ることは、子供たちの天国 ***

この住宅は、真上から見るとパティオをめぐって四角につながっています。
四角の一部は、実はピロティーを構成していて、その2階部分は寝室です。
従って、2か所の階段を上り下りしながら、ぐるぐる回ることが出来るのです。

で、それがどうしたって?

階段を2か所に付けるという方法は、実は以前にも採用した事があります。
ぐるぐる回れるって、それだけで楽しいんですね。
しかも、まわりながら違う部屋(異なる風景)を通り、上ったり下ったり。
前回と同様、子供たちが運動会のように走り回る姿が目に浮かびます。

なお、写真の左側に出っ張る5角形の部屋は、反響効果を考えたシアタールームの予定です。



【データ】
木造、在来工法、2階建て
延床面積:約48坪
概算の工事予算(予定):3600万円
千葉県



**** 個人住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****



Posted by kawashimagen at 15:57
<< 卍形の家~連続する内外空間の広がり(木造在来工法) | Main | 住宅設計の作法5 ・・・ コンセプト『驚』 時とともに >>