16 June
2010

住宅設計の作法5 ・・・ コンセプト『驚』 時とともに

時間とともに新しい感動

建物が竣工したとき、建て主の方にはある感動を感じていただきたいと常々思っています。しかしながら、最初の驚きは一方で時間とともに色あせてしまいます。

住み続けながら、季節や年月の移ろいのたびに、新しい感動があるような住まいであってほしいというのが私の理想です。

作法1・・・「快」
作法2・・・「美」
作法3・・・「能」
作法4・・・「時」
作法5・・・「驚」
作法6・・・「構」
作法7・・・「楽」
作法8・・・「素」
作法9・・・建設予算管理
作法10・・・設計監理一貫




Posted by kawashimagen at 16:19
<< ぐるぐる回る動線の楽しい住宅(木造在来工法) | Main | 住宅設計の作法6 ・・・ コンセプト『構』 空間を構成する >>