11 June
2010

ぐるぐる回る動線の楽しい住宅(木造在来工法)

*** 巡り巡ることは、子供たちの天国 ***

この住宅は、真上から見るとパティオをめぐって四角につながっています。
四角の一部は、実はピロティーを構成していて、その2階部分は寝室です。
従って、2か所の階段を上り下りしながら、ぐるぐる回ることが出来るのです。

で、それがどうしたって?

階段を2か所に付けるという方法は、実は以前にも採用した事があります。
ぐるぐる回れるって、それだけで楽しいんですね。
しかも、まわりながら違う部屋(異なる風景)を通り、上ったり下ったり。
前回と同様、子供たちが運動会のように走り回る姿が目に浮かびます。

なお、写真の左側に出っ張る5角形の部屋は、反響効果を考えたシアタールームの予定です。



【データ】
木造、在来工法、2階建て
延床面積:約48坪
概算の工事予算(予定):3600万円
千葉県



**** 個人住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****



Posted by kawashimagen at 15:57
10 June
2010

卍形の家~連続する内外空間の広がり(木造在来工法)

*** コンセプトは『別世界を作ろう』 ***

卍形の家・・・・何が卍かって?

内部であるリビング、広間、和室、シアタールーム
外部であるエントランスポーチ、パティオ、光庭

これらの空間が卍形に配置され、
つながり隔てながら全体を形づくっています。

内部と外部が貫入しあい、一つの世界、
近隣から対比される別世界を作っています。



【データ】
木造2階建て
延床面積:約48坪
千葉県


**** 個人住宅の設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****


Posted by kawashimagen at 13:53
25 March
2010

眺望とテラスのある家(木造平屋建て在来工法)

丘の上からの眺めは最高、平屋建ての贅沢な住まい平屋建ての贅沢な住まい



丘の上に立つ素晴らしい眺望の住まいを設計しました。
敷地に余裕があるので、平屋の贅沢な作りです。

テラスを囲んで、コの字型のプランは、住まいの一体感と広々感を実現しています。テラスの向こう側の部屋も視界に入ることが味噌です。

写真の、向かって右の勾配屋根の部分が天井の高いリビングルーム
向かって左側は、浴室。窓を開放すれば、まるで露天風呂です。

ディテールやデザインなどには奇をてらわず、
普通の作り方で、
従って普通の値段で、
普通に良い家、
建築家らしからぬ手法で、
かなり良い家が出来るでしょう。

断熱性能など、エコにもきちんと気を配りました。

Deta:
延床面積110㎡(34坪)
木造・平屋建て
工事費概算2700万(外構含む)
外張り断熱、基礎断熱、断熱エコガラス(LOW-Eペアガラス)、太陽熱温水器
横浜市



**** 住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****


Posted by kawashimagen at 16:12
03 August
2009

シースルーの家・狭小敷地の有効利用(鉄骨造3階建て地下1階屋上付き)

プロジェクト~こんな家に住んでみませんか?

間口の小さな敷地です。(約5.5m)
そこで、思いっきり開口部をとりました。

ただし、熱や光のコントロールも大事です。
ダブルスキンにして、その間には、開閉がコントロールできる階段室や、テラス、サンルーム、そして、吹抜けを配しています。

居室には、よくコントロールされた快適な光だけが届きます。





**** 住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****


Posted by kawashimagen at 18:25

天空率の住宅 ・狭小敷地の有効利用(鉄骨造3階地下1階屋上付き)

プロジェクト ~こんな家に住んでみませんか?

“天空率”をうまく利用することで、敷地に対して最大限の建物が建てられます。

天空率とは、道路斜線制限に代わるもの。従って、道路が敷地の東か西にあるときに、特に威力を発揮します。

土地代が高く、狭い敷地の有効利用です。
この計画では、容積率に算入されない地下にも2部屋の寝室を配しました。

敷地面積22坪なのに、延べ床面積55坪、総勢7人の3世帯住宅です。





**** 住宅設計の川嶋玄建築事務所・東京 ****


Posted by kawashimagen at 18:08
05 June
2009

三角敷地の住宅・ダブルスキン(鉄骨造3階建て)

たった15坪の敷地

たった15坪の敷地、1階はご主人が営むドラッグストア、2階3階はバリアフリーの小さなすまいです。
全面道路の交通騒音をさえぎるため、窓の向きを工夫して、光を取り入れています。


Posted by kawashimagen at 03:19
01 June
2009

太陽と友達の小さな家・スキップフロア・吹抜け・屋上

快適で、住んで楽しい住まい

『快適で、住んで楽しい住まい』~小さな敷地、まわりを他の家に囲まれている、そんな中でも、光があふれ開放感のある住まいを考えました。



【提案1】~スキップフロアで縦につながる空間
【提案2】~上からの光を導く吹抜け
【提案3】~屋上、空はどんな小さな敷地にも平等です。



【データ】
木造3階建て戸建て住宅
敷地面積:54.23㎡(16.4坪) 
容積率 200% 建ぺい率 60%
延床面積 78.06㎡、23.6坪
(1F:29.61、 2F:29.61、3F:18.84)
施工床面積 86.88㎡、26.3坪
(1F:29.61、2F:31.5、3F:25.77)
工事予算:1500万


Posted by kawashimagen at 02:48
[1]